楽天・全世界株式インデックス・ファンドはお勧めです

投資信託
スポンサーリンク

楽天・全世界株式インデックス・ファンドはお勧めです

楽天の全世界株式インデックス・ファンドは、私が今、一番気に入っている投資信託の1つです。

投資の三原則は、「長期」「分散」「積立」です。

その三原則を考えた時に最も適している投資信託の1つだからです。

1つ目の「長期」から見ていきましょう

「長期」投資をするために必要なものは、信託報酬が安いことが理由の1つに上げられます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは信託報酬が0.22%台と安いです。

安さだけなら、0.1%台もあります。

eMAXIS Slim 全世界株式インデックスファンド 0.15%

ニッセイ 外国株式インデックスファンド 0.11%

もちろん上記のインデックス型投資信託でも長期投資に向いています。

また、「楽天ヴァンガードファンド」の愛称の通り、投資会社で有名な「ヴァンガード」の投資信託を購入することができるという利点があります。

アメリカは日本が20年で1.2倍の資産形成をする間に、3.3倍の資産形成をすると言います。

多くの方が若いころから投資をする文化が根付いています。

日本の年収1000万円以上の人の割合とアメリカの年収2000万円以上の人の割合が同じとも言われています。

ヴァンガード」の愛称はそれだけ安定感があり、長期投資に向いています。

実際、楽天・全世界株式インデックス・ファンドは購入される方がとても多いのが特徴です。

購入する口数が多くなると、投資信託を設計しているサイドで、「貸株」をすることができるため、さらに投資信託の価値が上がりやすくなります。

貸株とは、信用取引で空売りをする際に、証券会社が貸し付ける株式のことを言います。
投資家は委託保証金を差し入れ、貸株を借りて売却します。このときの売却代金は、制度信用取引の場合は証券金融会社に担保として預けられます。

2つ目の「分散」について

分散投資は投資の大原則です。

投資の格言「たまごを1つの籠に入れるな

があります。

たまごを1つの籠に入れてしまうと、籠を落とした時に、たまごが割れてしまいます。

投資の世界では、1つの会社の株式だけを買うことは、その会社が倒産すると資産が0になってしまう。

ということです。

ですから、世界にある全ての株式をバランスよく購入することで、この倒産するというリスクを避けることができます。

株式に組み入れている銘柄は、多い順にアップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、ジョンソンエンドジョンソン、JPモルガン、エクソンモービル、グーグル、バンクオブアメリカなど、世界の時価総額の上位に位置する企業ばかりです。

その最上位のアップルでさえ、1.7%の組み入れ比率です。

バンクオブアメリカで0.5%の組み入れ比率です。

つまり、多様な株式に投資をしていることになります。

分散投資をすることで、長期的に資産を持つことができるようになります。

世界経済は長い目で見れば必ず成長するので、全世界株式に投資をすることで大きなリターンを望めます。

3つ目の「積立」について

積立投資をするためには、積立しやすい条件が必要です。

積立しやすい条件とは、手数料が無料であることです。

ノーロードとも言われています。

また、積立NISAに対応している投資信託であること。

100円から積み立てることができること。

楽天ポイントなどの余ったポイントを使って投資ができること。

などが挙げられます。

数々の条件を満たす楽天全世界株式インデックス・ファンドは「積立」投資に向いている投資信託です。

また、「積立」することで、購入価格が平均化されます。

投資信託の価値が安い時はたくさんの口数を購入することができます。

投資信託の価値が高い時はすくない口数を購入することができます。

結果として、積み立てることで価格が平均化され、リスクが分散します。

一度にまとめて投資信託を購入してしまうと、その投資信託の価値が一時的に20%下がってしまったときに後悔してしまいます。

しかし、積立分散をしておくと、一時的に下がってしまったときに、買い増すことができます。

高い時も安い時も淡々と同価格を積み立てることで、結果的に大きな資産を築くことができます。

まとめ

以上の投資の三原則を満たしやすい投資信託の1つとして、「楽天全世界株式インデックス・ファンド」は老後の資産を形成するためにとても良いと言えます。

また、積立NISAと非常に相性が良く、利益に対して20年間非課税であり、40万円まで年間積み立てる投資信託としては、トップレベルの安定感です。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
投資信託
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]