iDeco=確定型拠出年金

iDeCo
スポンサーリンク

iDeco=確定型拠出年金

2017年にスタートしたiDeCo、名前は聞いたことがある人も多いはずです。

確定型拠出年金といって、日本が投資家のために用意された国策です。

貯蓄から投資へ目を向けてもらいたいという国の制度であるため、節税に効果的です。

限度額まで活用するとよいと言われています。

iDeCoの年間投資上限は、14万4000円~81万6000円と幅があります。

積み立てNISAが40万円、NISAが120万円という上限のちょうど真ん中くらいの上限額です。

iDeCoは他のNISAと大きく異なる点があります。

それは、60歳まで運用するということです。

払い出しも60歳を過ぎなければ原則払い出せません。

そして、自動積立のみとなっています。

運用益は非課税。なおかつ、掛け金全額所得控除、受取時の公的年金控除、退職所得控除などの優遇措置があります。

少し制限はきついですが、国が認めた制度です。

投資家を支援するための制度でもあるため自動積立をするとよいでしょう。

なお、途中で払い出しができないため、リスクを負うことはできません。

きっちり外国株式、米国株式のインデックス型の投資信託を積み立て、リスクが少なくリターンが期待できる形でiDeCoを始めるとよいと思います。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
iDeCo投資信託
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント