株式のキャピタルゲインとインカムゲイン

国内株式
スポンサーリンク

株式のキャピタルゲインとインカムゲイン

今は株式市場は世界的に見ても緩やかに成長しています。

毎年10%近く成長しているのです。

長く不景気の時代があり、2011年には日経平均株価が6000円台だったことを考えれば、今の2万円を超える株価は素晴らしい成長といえるでしょう。

アメリカの主要企業は今のソサエティ4.0の社会=情報社会から次のソサエティ5.0の社会へ移行しようとしています。

一応、ソサエティの説明をしておきます。

ソサエティ1.0=狩猟社会

ソサエティ2.0=農耕社会

ソサエティ3.0=工業社会

ソサエティ4.0=情報社会(今の社会がこれです。)

人々はインターネットの社会の中で生活しています。

スマートフォンが当たり前のように手元にあり、瞬時に情報を入手できます。

それが、AI、IoTなどが中心となるソサエティ5.0の社会がきます。

ですから、経済はこれから発展する、株価は上がると予測されています。

株式を持つことで得られる利益は2種類あります。

1つ目はキャピタルゲインと呼ばれるものです。

100円の株式を買い、200円で売ったとき、200-100=100円の利益が出るということです。

それに対して、インカムゲインは配当のことです。

100円の株式を持っていると、毎年10円配当金がもらえる。

そういうイメージです。

このキャピタルゲインとインカムゲインを両方うまく使っていくことが資産形成のコツですが、私のように会社員の場合、キャピタルゲインはほとんど狙いません。

株式は買ったら、ほぼ売らないからです。

売るとしても5年、10年というスパンで銘柄入れ替えをするだけです。

また、生活に密着した株式はインカムゲインの恩恵が非常に大きいため、できるだけ長く持っているのが良いと思います。

イオン株式会社などの株式はその代表格ともいえるでしょう。

持っているだけで、オーナーズカードがもらえ、イオンで買い物をするとキャッシュバックされるため、結果的にインカムゲインが一番大きくなる株式です。

デイトレーダーではなく、一般の人々が資産形成するためにはこまめな売買は向いていません。

こまめな売買をしていると、その瞬間は利益が出る時があるかもしれませんが、長期的に見ると損失が膨らむ可能性が高いです。

ですから、生活に密着した株式を買って、長く保持することを考えると良いと思います。

長く持つためには株主優待が優れているものがお勧めです。

マクドナルドHD、ゼンショーHDなどは食事券が株主優待でつくため、お得感があり、結果として長く保持できる可能性が高まります。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
国内株式株式
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント