iDeCoの長所と短所について

iDeCo
スポンサーリンク

iDeCoの長所と短所について

iDeCoはとても節税効果の高い資産運用です。

そして、国民年金+厚生年金+iDeCoといった3階建ての積み立てが可能です。

iDeCoまでできれば、国民年金が年間78万円。

ただし、1か月払っていない期間があると1600円の減額になります。

つまり10か月未納期間があると1万6000円減額となります。

私の場合、未納期間が40か月ありました。

大学に入学してから20歳になったときのことで、お金がそちらの回らなかったからです。

学費と生活費でいっぱいいっぱいで、1万2000円に月々支払う国民年金が重くのしかかりました。

ということで、64000円年間に減額されることになります。

すると、年間72万円弱の国民年金がベースとなります。

厚生年金の計算方法はあるのですが、年収によってかなり変わってしまうためここでは1例だけ上げさせてもらいます。

平均年収600万円で40年間働いた場合、年間158万円の厚生年金が上乗せされます。

年金のHPで年収、勤続年数から試算できる表があるのでそちらをご覧になると良いと思います。

国民年金72万+厚生年金158万=230万円が年間にもらえる金額になります。

そして、iDeCoですが、月々5000円から積み立てすることができます。

ただし、60歳になるまで引き出せません。

それがデメリットです。

NISAと異なる点はここが一番大きいです。

また、月々5000円が最低ラインですが、+1000円刻みで投資することができます。

また、解約して引き出すことはできませんが、停止することはできます。

生活が苦しい時はiDeCoを停止して、生活資金に回すことはできます。

iDeCoのメリットとしては、先ほどの例の年間230万円に上乗せすることができるところです。

そして、節税効果があり、掛け金が所得控除の対象であるため、納める税金を節約することができます。

最後に無事、60歳にたどり着き、iDeCoを受け取るときに2種類の方法を選ぶことができます。

1つ目は一括で受け取る方法です。この場合退職所得控除の対象になります。

要は退職金に上乗せして受け取ることができると考えてもらえばわかりやすいです。

そして、2つ目は分割して受け取る方法です。この場合公的年金控除の対象になります。

要は年金として受け取る方法です。

2つ目の年金として受け取る方法を選択し、老後の資金に厚みがあれば、楽しい老後にできそうです。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
iDeCoセカンドライフ
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント