NISAと積み立てNISAの違い

NISA
スポンサーリンク

NISAと積み立てNISAの違い

NISAと積み立てNISAの違いを説明します。

NISA

NISAは年間120万円まで非課税で運用することができます

株式、投資信託など1年間で120万円まで購入することができます。

そして、1年たつとリセットされ、再び1年間で120万円まで購入することができます

そして、購入した株式、投資信託の売却益や分配金が5年間非課税で受け取ることができます

毎年NISAで積み立てれば5年間で120万円×5=600万円まで非課税で運用できるのが特徴です。

私もこの前購入した日産自動車の株式はNISAの枠で購入しました。

今後5年間を楽しみにしています。

ちなみに、普通の投資信託の売却益についてはFXなどと同様に、20%の税金がかかります。

100万円の利益が出た場合、20万円は税金として納めなくてはなりません。

その点NISAは利益分が非課税ですので、その分も含めて貯蓄することができます。

積み立てNISA

積み立てNISAは通常のNISAと異なり、毎年40万円まで積み立てることができます

そして、積み立てたお金はNISA同様非課税になります

さらに、NISAとの違いは非課税の期間です。

20年間も非課税になります

長い期間を積み立てたい人はこちらの積み立てNISAが向いています。

積み立てNISAはその期間が長いことから、購入できる銘柄が決まっています

株式を買うことはできません。

インデックス型の投資信託を買うことになるはずです。

信託報酬が安く、ノーロードで積み立てていくと徐々に貯蓄ができるタイプの投資信託しか選ぶことができません。

この辺りは、初心者の方に最も向いている商品といえます。

積み立てNISAの投資の効果は非常に高く、非課税であることも相まって、とても安定した収益を出すことが可能です。

積み立てNISAを40年間、利回り7%で積み立てすると8600万円を超える資産を築けます。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
NISA
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント