貯蓄型保険は意味がない

貯蓄型保険
スポンサーリンク

貯蓄型保険は意味がない

貯蓄型保険の利回りは非常に低いものが多いです。

いずれも1%を上回ることはありません。

ですから、貯蓄型保険に投資をするということは、本来働けるお金が働いていない状態です。

学資保険などは増えないので、預けていても大して意味がありません。

そして、インフレリスクに対応できません。

今、世界全体は景気が回復しつつあります。

日本国内の株式もバブル期を超えました。

EUやアメリカ合衆国なども、株式は回復し、徐々に物価は上がっています。

つまり、学資保険などの金融商品はほとんどそのままのお金が返ってきます。

ですから、物価の上昇速度に勝てなくなります。

すると、結果的に資産が減ってしまうことになります。

子どもが学費としてまとまったお金が必要になるのは、大学生になったときです。

ですから、生まれてから18年間は学費を貯めるチャンスがあります。

18年間あれば、物価は1.5倍近く上がってしまう可能性があります。

ですが、学資保険として貯蓄した場合、1.1倍程度がやっとでしょう。

すると、結果的に資産を運用していた場合に比べて、相対的な資産が目減りしてしまうことになります。

今は、インデックス型の投資信託、世界経済、全米株式、日本株式など、どれをとっても保険商品に比べて10倍近い利回りを達成しています。

今後も上がり下がりはあるとは思いますが、基本的には徐々に経済成長をしていくはずです。

リーマンショックが起きた時、株価は当時のおよそ7割程度に落ち込みました。

ですが、その後長い時間がかかりましたが、その損失分を取り返して余りある経済成長を遂げています。

長期的な視点に立った場合、保険商品は利回りがほぼゼロであるため、貯蓄には向いていません。

むしろ、利回りがゼロであるがゆえに、資産を減らしてしまう可能性さえあります。

たとえば、1.5倍の経済成長を20年でした場合、保険商品で資産を持っていた場合1.1倍程度です。

つまり、20年で自らリーマンショックで7割に資産が減ったのとほぼ同じ状況になってしまいます。

学資保険のすべてが悪いとは言いませんが、すべての資産を学資保険、養老保険などの保険商品に投じるのではなく、分散投資をすることが資産を増やす近道です。

人によっては、それでも株価の下落や世界経済の落ち込みが怖い人もいると思います。

そのような場合は、学資保険に投資する予定だった金額の5割を投資信託に回す。

それでも怖い人は3割を投資信託に回すなど、資産を分割し、リスクを分散することで十分カバーすることができます。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
貯蓄型保険
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント