年齢別投資方法とその注意点

iDeCo
スポンサーリンク

年齢別投資方法とその注意点

iDeCoは税制面と資産を増やすことにおいてとても優れています。

ただし、いくつか条件があるのでそのあたりを注意しましょう。

iDeCoは確定拠出年金です。

老後のための生活資金を自分自身で作る制度です。

ですから、60歳未満しか加入できません。

55歳以上であれば、NISAを活用するのが良いでしょう。

そしてもう1つ、加入期間が10年に満たなければ65歳まで引き出しできません

55歳を過ぎてしまうと、iDeCoはできるものの制限が多く、10年縛りが厳しい

ですから、iDeCoをやらずに120万円まで貯蓄したい場合はNISA、そうでなければ積立NISAが良いでしょう。

老後の資産貯蓄フローチャート

50歳以下→iDeCo

50歳前半→iDeCoまたは積立NISA

55歳以上→年間40万円以上貯蓄したい→NISA

55歳以上→年間40万円以内で貯蓄した→積立NISA

iDeCoの3つの税制優遇

iDeCoには3つの税制優遇があります。

1.運用益が非課税(これは積立NISAもNISAも同じ)

2.所得税控除(これが年間82,800円多くもらえる強力な制度です)

3.退職金控除または公的年金控除

退職金控除について

退職所得控除は20年まで年間40万円ずつ控除21年目から年間70万円ずつ控除します。

例えば、30年間の退職所得控除は20年目までの退職所得控除40万円×20年=800万円。

21年目から30年目までの退職所得控除70万円×10年=700万円。

合計、800万円+700万円=1500万円が退職所得控除となります。

公的年金等控除について

65歳未満は年金70万円までは非課税。

65歳以上は年金120万円まで非課税。

という制度です。

iDeCoの受け取り方

iDeCoの受け取りを最大にするには、退職所得控除と公的年金等控除を併用すると良いでしょう。

例えば、65歳で定年を迎える時、会社の退職金とiDeCoの受け取りを同時に行うと、30年間の場合、1500万円の控除額を超えてしまうことがあります

ですから、60歳からもらえるiDeCoの仕組みを利用し、60歳~64歳までは公的年金等控除を利用し、年間70万円まで受け取っておく

そして残った額を一時金として受け取ることで、退職所得控除と公的年金等控除を併用利用したことになり、税制面で最大化できます。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
iDeCoNISA
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント

  1. […] […]