積立NISAを活用した投資信託を効果的に使う

NISA
スポンサーリンク

積立NISAを活用した投資信託を効果的に使う

投資信託を使う場合、長期・分散・積立の投資の三原則を使うことで最も効果を発揮することができます

一括投資をするにはそれなりの知識が必要です。

積立投資の場合は、毎月最大33000円まで投資することができます

初心者にもお勧めの投資方法と言えます。

実際にインデックス型の株式投資信託を毎月一定額積み立てることで、ほとんどすべての場合においてマイナスにはなりません

基本的にインデックス型の投資信託は世界中の全ての株式に連動しているものを選べば、徐々に資産が増えていきます

購入価格も平均化され、積立投資をすることにより運用成績を伸ばすことができるはずです

そして積立NISAとiDeCoには節税効果があります

どちらを選んでも高い節税効果があります。

積立NISAは教育資金、住宅資金など万が一お金が急に必要である場合引き出すことができます。

それに対して、iDeCoは60歳まで引き出すことができません。

その代わり

積立NISAには所得税控除がありませんが、iDeCoには所得税控除があり、給与収入を得ている人にとってはさらに大きな節税効果があります。

どちらも長期・分散・積立に向いている制度ですので、メリット・デメリットを考えながら、また家計の余裕資産を見極めながら投資をしていくことがスタートラインになります。

iDeCoでは老後の年金の一部分となる資産を形成し、積立NISAではイベントごとで必要なお金を貯めるなど、目的をもって貯蓄していくと良いでしょう。

積立NISAには年間40万円、20年間の非課税期間があります。

年間の40万円の枠は売却してしまうと、その分が消滅してしまいますが、翌年には枠が復活します。

効果的に活用しましょう。

ライフイベントが60歳以前にある場合は、積立NISAでその部分を貯蓄し、60歳を過ぎてから使用するものについてはiDeCoを利用するといった併用利用がお勧めです。

また、iDeCoには23000円(働き方によって変わります)の上限があります

上限を超えた部分については、積立NISAという形でもよいでしょう。

どちらかというと、iDeCoのほうが拠出した分が全額所得控除になるため、所得税・住民税が減額されるため、優先的に枠を使用しましょう

働き方によって変わるといったのは、企業年金がないサラリーマンの上限が月額23000円だからです。

23000円×12=27万6000円まで拠出することができます

だいたい8万円程度の控除になるはずです。

年収700万程度であれば、毎年8万円もらえると考えてもらっても結構です

そのぐらい、所得控除の力は大きなものです。

逆に専業主婦や学生の場合は、所得が少ないため、所得控除の恩恵を受けることができません

ですから、その場合は積立NISAを利用するのが賢いやり方です

特に学生の場合、20代の場合、60歳まではかなりの長い道のりです。

iDeCoにすることで、40年間流動性がないものを選択してしまうことになります

ですから、若いうち、所得が少ないうちは、積立NISA、働いて所得がある程度安定してきた場合、iDeCoにするなど工夫をすると良いでしょう。

夫婦共働きで、父親が正社員で年収500万円、母親がパートアルバイトなどの場合、例えば父親がiDeCoで積み立て、母親が積立NISAで積み立てるなど、働き方にあわせてそれぞれ貯蓄の方法を変えるのが良いでしょう。

NISAと積立NISAは併用できませんが、iDeCoとNISA、積立NISAは併用可能です。

また、NISAと積立NISAは枠を使い始めてしまうと1年間変更することができません。

変更したい場合は10月以降変更届を出せば、翌年からNISAから積立NISA、またその逆に変更することができます。

NISAの枠は120万円で非課税期間は5年間です。

120万円貯蓄するためには、月に10万円貯金するペースですから、日本の平均年収はおよそ300万円と言われていますので、大部分の方は積立NISAを選択するのが賢い方法と言えます

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
NISA
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント