投資の初心者がロボットアドバイザーから始める

ロボットアドバイザー
スポンサーリンク

投資の初心者がロボットアドバイザーから始める

投資の知識はすぐにつきません。

たくさんの経験をし、時間をかける。

その中で投資する対象を色々決めて、投資をしていくことで資産が大きくなっていきます。

そして初めて投資をすることになった場合、何に投資をしたら良いのか分からないという人が多いのです

投資信託はたくさんあります。

そして、様々な種類があります。

その中から適切なものを選択し、投資をすることは簡単に見えて簡単なことではありません。

中には、元本割れリスクが高い割にはリターンが少ない商品、信託報酬が高額な商品、買う時に高額の手数料を請求される商品など、一目見ただけでは分かりにくい投資商品がたくさんあります。

そして、その投資信託がある程度、期間がたった後にリバランスを行う。

このリバランスの方法も分からないという方は多いはずです

投資をいつ始めたらいいですか?

と聞かれれば、今始めるのがいい。

と言わざるを得ません。

しかし、何に投資をすればよいのか、その判断を適切にするのは難しい。

それを可能にしてくれるのがロボットアドバイザーです

ロボットアドバイザーは投資方針をウェブで選択するだけで、その人のリスク許容度に応じた資産分配を自動的に行い、投資をしてくれます

また、定期的にリバランスも行ってくれます

ロボットアドバイザーのアプリをインストールし、いくつかの質問に答えて、入金するだけで自動的に投資をスタートしてくれます。

そして、それはスマートフォンで簡単に確認することができます。

毎日チェックするのも、株式や投資信託が複数あると、資産をまとめて表示できるマネーフォワードのようなアプリが別途必要ですが、ウェルスナビのように簡単に毎日、自分の資産を確認することができるものもあります

そして運用に関する手間は全くありません。

ほったらかし投資ができます

運用にかかるコストは自分でインデックス型の投資信託を購入して運用するほうが安く済みます。

なぜなら、ロボットアドバイザーの信託報酬手数料は1%程度だからです。

ファンドラップに比べれば割安なロボットアドバイザーを導入するのは初心者にとってはありだと思います。

そして、ロボットアドバイザーは、米国株(VTI)などの3000社以上の米国企業の株価を平均的に購入したETFや投資信託を使っています

投資対象がとても広いため、会社の倒産リスクはほぼゼロに抑えることができます

また、VTIなので、多くの銘柄に分散投資をしていることと同義です

株価指数の上昇に比例して、資産が増えていきます

また、ウェルスナビなどのロボットアドバイザーは積立投資をすることでさらに高いコストパフォーマンスを発揮します。

一度に大量に投資をすることには向いていませんが、毎月一定額をコツコツと投資をすることにロボットは向いています

同じことを決められたとおりに運用することは、人間よりもコンピュータのほうが得意です。

そうやってロボットアドバイザーを使って運用を始めることで、リスクが少ない状態で投資をスタートさせることができます。

その中で徐々に勉強し、調べ、自分にあっているスタイルを考え、徐々に投資信託の信託報酬が安くインデックス型であるものを積立NISA枠やiDeCo枠で増やしていき、ロボットアドバイザーから知識の量と共に移っていけばよいのです

そうすることで、退職金をもらった直後に資産の大部分を失ってしまうことや、年金の運用で失敗してしまうリスクを抑えることができます

また、高齢者で自分で資産を運用管理、リバランスをすることは大変であるし、良く分からないという方は、そのままロボットアドバイザーを使って、年金、老後の生活資金を運用しながら取り崩していくという方法もあります

ロボットアドバイザーは、私たちに投資の楽しさを安全に提供してくれる素晴らしいツールです。

リバランスが自分一人でできるようになるその日まで、ロボットアドバイザーを使って運用してみるのはどうでしょうか

ロボットアドバイザーのメリット

AIが自動的に市場の動向を分析し、投資をしてくれるので、資産分配などを考える必要がありません

また、自分で分析したり、銘柄の研究をする必要もありません

また、世界中の株式・債券・REITに投資をするので、個別にどの投資信託を持っているのか、銘柄などを考慮する必要がありません

以上のことから、自分で調査をしたり、研究をしたり、分析をする時間を簡略化することができます

長期・分散・積立の投資の3原則を、自動積立にしておけば全て自動的にやってくれます。

分配・リバランスを考える必要がありません。

また、自分のリスク許容度に応じて、最適の投資バランスを考えて投資をしてくれます。

リスク許容度を上げることで、世界の株式に対する比率が上がります。

また、リスク許容度を下げることで、債権比率が上がります。

リスク許容度を設定するだけで、分配する割合を自動的に修正することができます。

最後に、資産がある程度増えてくるとリバランスの必要に差し迫られます。

例えば、新興国の株式を30%分買っておいた場合、その新興国株式だけ上がり、40%の比率になったとしましょう。

すると、新興国株式が全体に占める割合が増えたため、リスクが増えてしまいます。

そこで、30%に再びバランスを整えることをリバランスと言います。

そのような銘柄の入れ替えをユーザーが自分自身の手でする必要がないため、リアルタイムに投資商品を監視している必要がありません

専門知識がなくてもすぐに始めることができ、投資の勉強をしながら投資をするには最高のツールと言ってもよいでしょう。

サラリーマンなどで日中は株価が見られないなどの場合も、ロボットアドバイザーはお勧めと言えます。

ただし、信託報酬手数料はインデックス型の投資信託に比べて、0.8%ほど高額になっています

慣れてきたら、ロボットアドバイザーの比率を徐々に下げていきましょう

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
ロボットアドバイザー
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント