QRコード決済を使ってキャッシュレス社会に対応する

スマホ決済
スポンサーリンク

QRコード決済を使ってキャッシュレス社会に対応する

いよいよ今年の10月から消費税が8%→10%にアップすることになります。

増税による景気落ち込み対策として、中小企業でのキャッシュレス決済に対して5%還元をする制度を打ち出しています。

コンビニなどの大手チェーンは2%の還元となっています。

それらを上手に使うことにより、消費税増税分を丸々還元することができます。

以前に会社の同僚に対して、一緒に東京へ行った際、車の駐車場代、ガソリン代、高速代、車代などを割り勘しようという話をしていました。

そして、割り勘の額が2万円を超えていたことと、端数を含めると割ることが面倒で、割ったとしても小銭がない。

そこで考えたのがLINEPayによる個人間送金サービスでした。

そこで、ピッタリ半額を支払いました。

今日、その同僚から、LINEPayを使って、ファミマで買い物をはじめてしたという話を聞いて、1人は確実にユーザーが増えたと思いました。

QRコード決済は思った以上に面倒ではなく、速いです。

そして、多くのショップで使えるようになれば、ますます便利になるはずです。

小銭を持ち歩く必要がなくなります。

お札を持ち歩く必要もなくなります。

友人や会社の同僚に簡単に支払いをすることができます。

それらのことができることは、便利であることもそうですが、大きな節約になります。

まずATMに行く回数が減る。

ATMの手数料がかからない。

ATMはあちらこちらにありますが、そのランニングコストの総額は10兆円を超えるそうです。

QRコード決済が広まれば、結果的に無駄なATMがなくなり、現金輸送コスト、電気代、設備投資、設備維持費などかなりの経費を減らすことができます。

また、通貨も年々印刷する量を減らしています。

通貨を印刷する、硬貨を作成する、紙幣を作成するコストはもちろんただではありません。

それらが少なくて済めば、国としても大きな節約になります。

また、お金の流れが見えるため、そのビッグデータは販売に生かすことができるはずです。

iPhoneもApplePayが使えるため、各種電子マネーが使えるようになりました。

iDやSuica、そして、QuicPayなど、様々な電子マネーが使えます。

また、フェリカポートを搭載していないスマホでもQRコード決済をすることで、キャッシュレス決済を簡単にすることができます。

トップはLINEPayですが、今話題のPayPayも第2弾の100億円あげちゃうキャンペーンを用意してきました。

LINEPayも20%還元を打ち出すなど、各社シェア争いに必死です。

中国の様々なQRコード決済市場も、最終的にはアリペイとウィーチャットペイに2分されました。

今後のシェア争いは益々注目です。

先ほどの2社と楽天Payを加えた3社が今のところ上位にいます。

ファミマやローソンで使えるQRコード決済はこの辺りが主流です。

今後、セブンイレブンがどのような形でQRコード決済に参入してくるのか興味があります。

これからの時代、2%~5%還元されることを考慮に入れると、現金払いは損することと一緒です。

それらは投資にも大きく関わってきます。

投資で5%の利回りを安定して出すにはそれなりに銘柄の選定、市場の状況、リバランスなど様々な要素が複合的に必要ですが、中小企業での決済は必ずLINEPayを使うなどをするだけで5%還元されるのだったら、最も簡単に資産を増やす方法でもあります。

この状況下で、現金決済にこだわる理由はもはやありません。

レジもキャッシュレス決済が進めば、素早く会計できます。

また、現金を輸送してもらったり、小銭を用意する手間もなくなるため、店舗にとっても有利なことだらけです。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
スマホ決済
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント