バーチャルカードを使ったキャッシュレス決済

クレジットカード
スポンサーリンク

Kyashを使ったキャッシュレス決済

最近、キャッシュレス決済が現金決済に比べてお得度が増してきました。

いよいよ消費税増税に向けたキャッシュレス決済実現に向けて各社が前向きに取り組んでいます。

その中で注目されているものが、バーチャルカードです。

バーチャルカードは現実には存在していないカードです。

スマートフォンの中にカードの番号や有効期限などが記されており、ネット決済などもできます。

そこに残高をチャージすることができ、電子マネーとクレジットカードの双方を使っている感覚です。

また、そのバーチャルカードに実際にあるリアルカードを紐づけることで、実際にクレジットカードを提示して店頭で決済してもらうことも可能です。

VISAやJCBといった、クレジットカードの有名ブランド付きのリアルカードとバーチャルカードを紐づけ、双方のいいとこどりをすることで、便利に決済できます。

また、還元率が非常に高いことも魅力の1つです。

Kyashは、VISAカードのブランドがついています。

ですから、ほとんどすべての店舗で使用することが可能なクレジットカードとしても使うことができます。

さらに大きな特徴はポイント還元率が2%つくことです。

100円の買い物をすれば2円がついてくる。

消費税増税がそのままなかったことにできる還元率です。

発行手数料や年会費が無料であることも大きな点です。

最近はクレジットカードも年会費無料が増えましたが、やはり年会費無料は大きなポイントです。

また、クレジットカードとは異なり、本人確認が必要ないことも特徴です。

理由があってクレジットカードが作れない人も作ることができます。

また、2%の還元率をさらに増やすお得な裏技もあります。

Kyashは残高をチャージして使うタイプのバーチャルカード兼リアルカードです。

その残高のチャージに他者のクレジットカードを使うことでさらにお得にポイント還元率を増やすことができます。

有名なクレジットカードですと、「楽天カード」が1%の還元率。

そして、「Yahoo!JAPANカード」も1%の還元率です。

それらのカードを使って、Kyashに残高をチャージします。

Kyashの還元率が2%ですから、楽天カードを使って1%還元チャージをすることで、実質3%の還元率にすることができます。

このようにすれば、消費税増税以上の恩恵を日々受け取ることができ、現金決済に比べてお得さが増します。

また、LINEカードと同様に、Kyashにも他者へ送金するサービスがあり、友人間でのお金のやり取りもキャッシュレスで済ますことができます。

銀行振り込みの場合、手数料がかかってしまいますが、Kyashを使った送金サービスであれば、無料で友人同士のお金のやり取りができます。

デメリットもあります

これだけいいとこどりの機能を備えた次世代キャッシュレス決済「Kyash」ですが、デメリットも伝えていきます。

1つ目はクレジットカードに比べて、大きな決済ができないということです。

クレジットカードであれば、電気屋で大型テレビを購入したり、冷蔵庫を購入することも可能ですが、Kyashでは5万円を超える決済ができません。

あくまで少額決済対応のカードです。

また、総額100万円の利用に伴い、カードを更新しなければなりません。

スマホのバーチャルカードの場合は一瞬で更新できますが、合わせて付随するリアルカードは再送付までの若干の時間があります。

また、一部店舗ではKyashが対応していないこともあり、全ての決済ができるとは限りません。

以前、私がFaceBookの広告支払いができるのか試してみたところ、Kyashでは支払いができませんでした。

一部の公共料金の支払いなどもできません。

クレジットカードのようで、完全にはクレジットカードではない。

そして、デメリットではあるものの、クレジットカードが普及しない理由の1つである使いすぎたことに気づかない。

そういうことを自動的に防止してくれるメリットであるとも捉えられます。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
クレジットカードスマホ決済
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント