お金の管理をすることでお金が貯まりやすくなる=家計簿を自動でつける

資産管理
スポンサーリンク

お金の管理をすることでお金が貯まりやすくなる=家計簿を自動でつける

家計簿をつけることで、お金の出し入れが分かります。

何にいくら使っているのか。

先月に比べて何が支出で多かったのか。

楽しみながら資産形成をすることができるようになります。

そして、それらの家計簿をつけるという面倒な作業を「マネーフォワード」を使うことでほぼ自動化することができます。

マネーフォワードはほとんどすべての金融機関、電子マネー、QRコード決済の仕組みを登録することができます。

したがって、普通に買い物をしているだけで何にいくら使っているのか明確になります。

いちいちレシートをとっておいて入力する必要がないため、誰でも簡単に家計簿をつけることができ、簡単に現状を把握することができます。

奥様が家計の管理をする場合、旦那様が使われるクレジットカード、Suicaなどの電子マネーなども登録しておけば、旦那様の日々の出金履歴を見ることもできてしまいます。

この辺りはそこまで管理されるのは嫌だなと思われる方もいるかもしれませんが、事細かに確認できるという点ではメリットになります。

それぞれが管理するという点でもとても優れているアプリです。

また、子どものための貯金などをお互いで確認することもできますし、マネーフォワードの機能をシェアして夫婦で使用することにより、お互いの資産状況がクリアになります。

お子さんの大学進学のための貯蓄など、明確にお金を貯めることができるはずです。

マネーフォワードを導入すると2つの大きな変化が起きます。

1つ目は、夫婦でお金がどのくらい消費されたか、蓄積されたかがいちいち説明しなくとも明確になる点です。

2つ目は、マネーフォワードは現金決済には対応できません。

クレジットカードや電子マネーによる決済の時のみ自動で集計可能です。

そのため、多くの場面で、キャッシュレス化が進みます。

今の日本国内において、現金でなければ決済できないシーンはかなり減りました。

よく行くスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどは、ほぼクレジットカードか電子マネーで対応できます。

多くの店舗で対応していて比較的使いやすい電子マネーは、楽天Edyです。

また、LINEペイなどのQRコード決済もファミリーマートなどのコンビニで使用可能であるため、かなり便利に使うことができます。

スーパーの場合は、私の場合イオンが多いため、オーナーズカードとWAONという電子マネーを併用しています。

または、クレジットカードで決済してしまいます。

そのあたりを併用することで、キャッシュレスを実現できます。

すると、全ての家計簿を自動でつけることができるようになります。

お金が貯まりやすくなり、分かりやすくなります

最近の株価の動向もマネーフォワードで簡単に見ることができます。

例えば、最近上がりだした仮想通貨。

ビットコインがようやく上向きになりました。

今は40万円をしばらく下回ることはないだろうという水準まで上がってきました。

その他、株式、投資信託、ロボットアドバイザーなど様々な商品をまとめてみることができます。

フラッシュクラッシュという1月初旬に起きた経済ショック時は、1100万円台だった私が管理する資産も1300万円を超えてきました。

日経平均株価指数が思いのほか順調で、上がってきた印象があります。

そのような、世界の株式、日本の株式もマネーフォワードに組み入れておくことで、簡単に把握することができるようになります。

資産全体を俯瞰することができるため、リバランスも比較的容易で、次に購入してバランスを整える商品は何かが比較的明確に分かるようになります。

家計簿をつけるとお金が貯まりやすい。

それは昔から言われていたことです。

しかし多くの家計簿が面倒でした。

それは手動で入力する部分があったからです。

レシートが大量にたまっていく。

そのレシートをデータにすることが面倒な要素でした。

それらの手間がなにもかからず、瞬時に資産全体を見ることができるアプリがマネーフォワードです。

それさえあれば、スマホで毎日簡単に今の資産状況を見ることができます。

また、近々訪れるクレジットカードの引き落とし、残高不足なども教えてくれるので、引き落とし処理のミスもありません。

1つ入れるだけで劇的に生活が変わるアプリです。

10種類までの金融機関は入力しても無料です。

それ以上は月額500円かかってしまいますが、無料版でも十分に便利さを体感することができるはずです。

ぜひ、お金が貯まりやすい構造を目指し、マネーフォワード導入を検討してみてください。

かならずお金が貯まりやすくなります。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
資産管理
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント