1か月の生活費は平均36万円

資産管理
スポンサーリンク

1か月の生活費は平均36万円

2月の1か月の生活費は29万円ほどでした。

1月は28万円台前半ですから、少し増えました。

現金決済で食費をいくらか賄ったので、3万円ATMで引き出したのはほぼ食費です。

食費のトータルはやはり6万円程度はかかります。

その他は今のところ減らせるところがありません。

このまま、1か月にかかる費用は30万円弱を目指して家計のやりくりをしていきたい。

3月は会社の送別会、飲み会、餞別など、何かと支出が多くなります。

夫婦で生活する1か月の平均必要金額は36万円です。

そして、定年後65歳以上の夫婦が1か月生活するのに必要な金額は24万円ほどです。

といっても、必要最小限にしてこの金額になるので、少し社会的に生活するには28万円、さらに豊かに生活するためには35万円必要と言われており、老後も何かと必要な金額は嵩みます。

住居費は住宅ローンの支払いが終わる定年後は、固定資産税、修繕費等になり、1か月あたりの支出は2万円弱に収まります。

ただし、老後もその住居空間を維持すべきなのか、場合によっては小さな家へ住み替えが必要になるかもしれません。

その時その時のライフスタイルに合わせて住居が変更できる賃貸の方が今の時代は合っています。

住宅余りが加速し、人口減少が加速している今の時代、住宅ローンを組んで住宅を購入することは時代にあっていないと言わざるを得ません。

食費については、6,7万円かかります。

周りで野菜を分けてもらえてある程度自給自足もするならここまでかからないのですが、一般的な都市部に住めば、このくらいは必要最小限かかる金額です。

年金は今の段階で、18万円程度が平均額です。

すると、毎月6万円ほど不足額が生じます。

6万円×12か月×30年=2160万円となり、人生100年時代を過ごすためには2000万円程度の貯蓄が必要です。

それを取り崩しながら、質素に生活し、人生を終えることができる。

日本国内では50代後半から収入が減っていき、65歳を過ぎると年金生活になるケースがほとんどです。

貯めることができるのは、65歳まで。

もっと言うと50代までに貯蓄をしておかなければなりません。

残された時間を逆算して、貯蓄計画を立て、30代から貯蓄していく必要があります。

20代で貯蓄できる人は非常にまれです。

就職し、一定以上の収入を得るために、仕事に慣れていかなければなりません。

大学卒業で22歳、大学院卒業で24歳ですから、30代になるまで6年程度しかありません。

その短い期間で、戦力になっていく必要があります。

また、30代前半で結婚する人は結婚します。(しない人は一生しない時代です。)

すると、結婚式に数百万かかりますし、何かとお金が飛んでいきます。

子どもができる場合もあるでしょう。

今後は、子どもに対して様々な手当てが用意されるはずです。

保育園無償化など、いくつかの政策は30代にとって貯しくしやすい状況を生んでくれるはずです。

そして、子どもが高校生になるまでがお金が貯めやすい時期です。

児童手当ももらえますので、全額貯蓄することを考えていきましょう。

それと共に老後に向けて、積立NISAまたはiDeCoを使って、資産形成をし、2000万円の大台に乗せることができれば生活をすることができます。

意外とコストがかかる結婚式

30代前半のライフイベントとして大きな支出になるものが結婚式です。

結納に関わるお金が100万円程度。

婚約指輪・結婚指輪にかかるお金が30万~50万円程度かかります。

指輪は今の時代、こだわらないから安いもので良いという方から、数百万というとても高額なものまでピンキリです。

結婚式にかかわる費用は参列者の宿泊費、交通費なども考えると500万円はかかります。

いくらかご祝儀で返ってくるとは言え、総額で400万円程度は出費を覚悟しておく必要があります。

両親がある程度出してくれるケースもありますが、基本的には自分たちで貯蓄したお金を使って結婚式を完了させる必要があります。

ライフイベントを逆算しながら貯蓄していく必要があります。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
資産管理
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント