40代の方に来るオファーはいずれもアラフィフ

婚活している女性向け
スポンサーリンク

40代の方に来るオファーはいずれもアラフィフ

40代の女性に来るオファーはいずれも50代近辺の男性です。

40代の女性で婚活を始めた場合、多くの女性がなぜか30代から同学年までという絞り方をしてきます。

年下が好きなのです。

そして、手あたり次第30代の男性に申し込みをするとどうなるかというと、ほとんどの断られます。

何年たっても婚活市場に出てくる40代の女性のほとんどがこの状況を理解していません。

そして、話はそれますが、年収200万円台の40代の男性もなぜか20代後半~30代前半の女性に申し込み断られてしまいます。

話を戻して、婚活をしているアラフォーの女性は50代の男性を考慮に入れるべきです。

元々、40代の女性の場合、60歳までそのまま未婚である確率は88%と言われています。

100人アラフォーの女性が婚活した場合、12人しか結婚することができないのです。

しかも、結婚したとしてもそのうち4人は離婚してしまいます。

婚活は34歳を過ぎてしまえば、一気に厳しくなります。

年をとっても条件を下げないのでは、残りの88%に入ってしまいます。

結婚をそこまでしたいのかと言われるとそうではないかもしれませんが、結婚をしたいと思っているのであれば、アラフォーの女性は50代の男性をターゲットにしていくしか活路がありません。

それらができるかできないのかを自分の中で考えていただき、条件を50代まで広げることができるのであれば結婚まで行きつく可能性が高まります。

逆に自分と同学年以下しか対象にしないというのであれば引き続き厳しい条件のまま婚活をすることになります。

婚活は時間との戦いです。

時間がかかればかかるほど、条件はどんどん悪くなっていきます。

オファーも減っていきます。

そして失うお金はどんどん増えていくのです。

婚活は最初の1か月が比較的申し込みが多く、そこで出会った男性がベストである確率が最も高い。

それは男性側も同様で、最初の1か月でお見合いまで発展した女性が最も条件が良い可能性が非常に高いのです。

婚活の最初の1か月で多くの人が勘違いをしてしまいます。

もっと時間をかければもっといい人がいるのではないかという病気です。

しかし、時間をかければかけるほど、相手の年齢は上がっていき、年収は下がっていきます。

そして容姿に清潔感がない場合も増えていきます。

もう1つ大きな勘違いが年収です

もう1つの大きな勘違いは年収です。

年収500万円くらいは普通で、ちょっと上を目指したいから年収600万円以上の男性のみをターゲットにしたい。

そういうアラフォーの女性が多いのも、婚活が成功しない理由の1つです。

そして、家事手伝いである女性、年収200万円以下の女性が年収600万以上、800万以上の相手じゃないと嫌だというのです。

なぜ、年収200万に満たない自分が、年収3倍、4倍の人を対象にするのでしょうか。

今の日本人の平均年収は400万円台の前半です。

年収500万円ともなればそれなりに高収入に属し、年収600万円を超えていればエリートです。

年収800万円というと全国的に見ても少なく、婚活市場では市場にでれば1か月~3か月以内に即売れてしまう超優良物件です。

それらの男性目掛けて、家事手伝いの女性がアタックするのは無謀です。

自分の年収が300万円ならば、相手にも300万円程度の中から探すべきです。

年収が、3,4,5倍と果てしなく自分の年収よりも高い男性に申し込みをしてもほとんど断られてしまうでしょう。

今はパワーカップル全盛期です。

夫婦2人で年収1000万円を目指す。

年収600万円の男性をターゲットにするのならば、女性自身も年収400万円以上は必要です。

年収600万円以上の男性は、今の日本社会においてはとても賢い方が多いのです。

彼らの考えることは、夫婦2人で豊かな生活を送ることです。

家事手伝いの女性を扶養したいわけではありません。

2人で協力して老後の生活を豊かに乗り切りたい。

そのためには、自分の年収と同程度か、100万円程度低い女性を探しています。

マッチングとはお互いの希望、お互いの条件が一致することでマッチングとなります。

したがって、自分が希望している条件と、相手が希望している条件がお互いにマッチしなければ成立しません。

そのあたりも考慮し、自分の年収に見合う収入の男性を見つけることです。

くれぐれも、自身の年収が100万円にも関わらず、600万の年収の男性を狙ってはいけません。

年収差が6倍は、婚活市場においては絶望的な数値だからです。

 

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
婚活している女性向け
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

kyoheiをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント