キャッシュレス社会の流れに乗ってQRコード決済をしてみた結果

スマホ決済
スポンサーリンク

確定申告をした21万余りが振り込まれました

確定申告をして1か月余り、先日21万円がゆうちょ銀行に振り込まれました。

住宅ローン減税、ふるさと納税、あとは医療費控除など、様々なものを申告することでかなり大きな金額が戻ってきます。

資産は1300万円中盤まで伸びてきました。

マネーフォワードという家計簿アプリを入れているのですが、1つ入れているだけでほとんどすべての資産をまとめて管理することができるため、非常に優秀なアプリです。

このあと固定資産税を払わなければならないため、ある程度のお金は用意しておかなければなりません。

私の家の場合、固定資産税は10万円程度です。

その部分は残しておいて、残り10万円はなんにでも使えるお金として確保しておこうと思います。

預金、現金などの流動性のある資産は金額すると300万円程度、割合にすると30%程度は用意しておくべきだと言われています。

それ以上、投資信託などにしてしまうと、急にお金が必要な時に資産の取り崩しをしなければならなくなってしまいます。

そうならないために、ある程度の現金は必要です。

マネーフォワードはそういう資産管理が容易である点が優れています。

レシートの読み込みも必要なく、カード決済、銀行振り込みなどほとんどすべてが自動で家計簿につけられます。

全くの手間いらずです。

キャッシュレス社会になりつつある今

今は、キャッシュレス決済が普及しつつあります。

私自身もキャッシュレスで決済することが今まで以上に増えてきました。

電子マネーはセブンイレブンで買い物をするときはnanacoを使います。

イオンで買い物をするときはWAONを使います。

その他は大抵、楽天EDYを使います。

QRコード決済、LINEペイ、PayPayなどを試して1か月ほど利用しましたが、使ってみると電子マネーに比べると不便な点がいくつかあります。

それはスマートフォンを立ち上げること。

そして、QRコードの表示画面を出すところまでが意外と面倒なことです。

PayPayはワンタップで行けるのでまだ楽なのですが、LINEペイは3タップくらいかかります。

結果として、決済は電子マネー>PayPay>LINEペイ

の順番が便利だと思いました。

LINEペイの良いところは、友人間で送金が簡単にできることです。

PayPayがどうしても使いどころを見いだせずにいます。

普段のコンビニでの買い物は、紆余曲折を経て、結局、「楽天Edy」でほぼ完結します。

これから、平成が終わります。

そして、消費税増税が10月に予定されています。

キャッシュレス社会に徐々になっていくはずです。

そのときに、何で決済するのが便利なのか、今のうちに色々試しながら使ってみたいと思っています。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
スマホ決済確定申告資産管理
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント