私立高校と公立高校の教育費の差

子どもの教育資金
スポンサーリンク

私立高校と公立高校の教育費の差

公立高校の場合

公立高校の場合、授業料の無償化が既に行われているため、大きく節約することができます。

年間にかかる学校の教育費は30万円弱に抑えることができます。

授業料が無償であっても、30万円程度はかかります。

これは制服、教科書、施設維持費、PTA会費、生徒会費など、生徒が活動するために必要なお金は別枠でかかるからです。

さらに、強豪校でクラブ活動が盛んなクラブに所属すると遠征費、宿泊費、ユニフォーム代などがさらにかさむことになります。

また、塾に通う生徒も増えてきます。

このあたりの学校外の教育費が平均すると15万円程度となっており、合わせると年間45万円。

3年間で135万円程度の教育費がかかります。

また、高校3年次には受験が発生します。

受験料は1校3万円程度であることがほとんどで、現地へ行って宿泊も込みで考えると1校当たり10万円程度かかります。

3校受験すれば、30万円程度の資金が追加で発生し、入学金20万円~30万円と前期分の授業料の納入も考えていかなければなりません。

私立高校の場合

私立高校の場合、入学時に必要な金額は35万円程度かかります。

入学金、制服、教科書、実習費、施設維持費など、入学するまでに発生する金額が公立高校に比べて高いことが特徴です。

また、授業料の無償化も行われていません。

就学支援金制度、月額9900円免除を利用しても、月に3万円程度はかかってしまいます。

学校の教育費は年間75万円程度になり、加えて私立高校の場合、クラブ活動などが盛んな学校も多いため、学校外の活動費も30万円前後かかります。

合わせて年間105万円程度はかかるとみておくのが良いでしょう。

3年間で315万円程度はかかることを想定して、資産形成をしていきましょう。

高校生になるまでにお金を貯める第1ステージを利用

子どもが高校生になるまでが最初にお金を貯めるチャンスです。

大学生までなってしまうと、年間に支出する金額が跳ね上がります。

4年間で生活費を込みで考えると、1000万円を超えてしまうからです。

高校までにお金を貯める方法は大きく分けて2種類です。

まずは、児童手当に手をつけずに全額貯蓄していく方法です。

第1子、第2子は月々1万円ずつを15歳まで受け取ることができます。

これらの総額は200万円程度です。

第3子以降は月々1万5000円になります。総額も300万円程度に上がることになります。

学費のベースは児童手当の全額貯金を利用して貯蓄していく方法が最も確実です。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
子どもの教育資金
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント