ビットコイン価格が一気に上昇し始めました

ビットコイン
スポンサーリンク

ビットコイン価格が一気に上昇し始めました

ビットコイン価格が急上昇し、一時80万円を超えました。

年初は40万円程度を推移していましたので、倍以上に膨れ上がったことになります。

それにより、資産も50万円付近まで回復してきました。

ビットコインが急上昇した理由を分析してみます。

ビットコインには2つの弱点があり、その2つの弱点が改善される期待があることです。

ビットコインの2つの弱点とは、現状のシステムでは送金の処理に時間がかかることです。

1秒間に数件の取引しかできないとも言われています。

他の送金ツールは、1秒間に数万件単位で取引可能です。

その処理速度の向上が見込める可能性があるという報道と共に一気にビットコイン価格が上昇しました。

また、もう1つの弱点としてあげられるのが、ビットコインが匿名性に優れていないという点です。

ビットコインの暗号自体は身元の特定はできません。

しかし、ブロックチェーンに記録されたパターンはユーザーによって同じパターンが記されます。

それによって、完ぺきとはいかないまでもある程度の特定ができるようになっていました。

ブロックチェーンを専門に解析する業者も現れ、その業者によって、ある程度の身元が特定される状態に陥りました。

それについても、新たな対策が練られました。

基本的なパターンが同じになり、それによりデータを記録する容量が減り、単位時間当たりの処理速度の向上と、匿名性の確保が同時に行われる可能性があると報じられたのです。

そして、ビットコインは230万円以上の価格から、30万円台まで一気に下落しました。

多くの先進国で仮想通貨が規制され、仮想通貨を盗まれる浮上時も相次ぎ、下落が下落を呼び、一気に下げてきたこともあり、ユーザーの多くがショートポジションでビットコインを持っていました。

そのこともあり、価格が上昇したため、ショートポジションを持っていたユーザーが損切をし、さらの上昇することになりました。

現在は、それらのショートポジションが解消され、一気に上がった分、少し下がることが予測されています。

今後、ビットコイン価格が上昇するのか、それとも元の価格に戻るのか、さらに下落するのかは誰にも予測できないところです。

新規の仮想通貨が入り乱れている現在

新しい仮想通貨が現れては消える現在、結局のところ、ビットコインの1強であることには変わりありません。

その他で主要な通貨となる可能性があるものは、イーサリアムとリップルだけです。

その他のアルトコインは市場においてほとんど価値を持っていません。

今後も、各国の法定通貨の代わりとまではいかないまでも、大きなウエイトを占める可能性があります。

2012年に、1ビットコインが2500円程度だったものが、一気に上昇し、10万円程度まで上昇したことがありました。

そのときは、キプロスという小国の経済危機で、法定通貨の価値がなくなる、銀行口座の差し押さえなどがニュースになった時期です。

そのときは、国の通貨として資産を持っていることに危険を感じた人々がビットコインに注目し、一気に価格が上昇した瞬間でもあります。

現在も、ブラジルレアル、トルコリラなどの新興国法定通貨が通貨安に見舞われ、法定通貨として資産を持っていることで、資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

日本国内にいると、円は世界的にも強くて安定している通貨であるため、通貨の価値がなくなる。円で持っていることに不安を感じる。銀行にお金を預けておくことが不安だ。

そんな言葉は聞こえません。

それは、円という通貨が比較的安全であることに起因しています。

実際、株価が下がったときに、スイスフランと、日本円が買われる傾向にあります。

新興国にとって、自国の通貨が安全である保障がなく、今後も、ビットコインなどの仮想通貨に一定の資産が流れる可能性があります。

2021年には再び200万円を超えるだろうという予測もあり、今後上がる可能性があります。

もちろん、規制がさらに強まり、仮想通貨は価値を失う可能性もあります。

今後も仮想通貨の状況を見ながら、投資としての一部というよりは、投機的な資産として扱っていくしか方法はなさそうです。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
ビットコイン
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント