老後の生活費2000万円不足問題

iDeCo
スポンサーリンク

老後の生活費2000万円不足問題

かなり昔から、不足することが分かっていた2000万円不足問題。

現在の高齢者で無収入の世帯、その生活費の平均額が28万円です。

そして、夫40年正社員、妻が専業主婦のモデルケースで年金が月に22万円です。

毎月の不足額が約6万円、それが30年にわたって続く場合、2000万円の不足が出る。

現在の65歳以上の高齢者の貯蓄残高は約2300万円、平均値でいえば足りる計算になります。

しかし、全員が平均付近であるわけでは当然なく、大企業の社員だった、中小企業の社員だった、退職金のあり、なし、自営業などによって全員変わります。

生活の実態としては、自分の身の丈に合わせて支出を調整し、場合によっては65歳以降でも働き続け収入を得るというスタイルを続ける場合もあります。

今の時代、働けるのであればいつまでも働きたいという人も多く、70歳でも75歳でも元気であるうちは働きたいという人が多いようです。

ただ、現役世代の時に比較的多く貯蓄しておいて老後に入るのは、心のゆとり、生活のゆとりはかなりあるはずです。

貯蓄額の平均値は2300万円と言っても、皆が2300まんえんもっているわけではありません。4000万円以上持っている世帯が約85万世帯もおり、彼らの貯蓄額が全体の平均を大きく引き上げてしまっています。

中央値を取るとおよそ1400万円になります。

生活をしている実態からすると、こちらの中央値の方が現実的な値となります。

実際には2000万円が老後に確保できている人はそれほどたくさんいないことになります。

今後、人口の減少が予測されており、それは確実に訪れます。

今後40年間で人口は2000万人減少することが予測されており、人口が1億人を切る時代が訪れます。

その時には高齢者は増え、若者は少ないという社会構造になります。

1人の生産年齢人口で、1人の高齢者を支えるという状態になれば、今の年金制度は維持することができません。

厚生年金は労使折半という条件で、個人と企業が折半して納めています。

その年金の総額は20年分程度です。

人生100年時代ともなれば、65歳からの老後が35年になります。

年金を35年分維持することはできません。

2000万円がないからと言って、悲観することはありません。

国が用意している制度の中には繰り下げ受給という制度があります。

年金の受給開始期間は原則65歳からですが、1か月遅らせるごとに受け取れる年金が0.7%ずつアップしていきます。

最大で70歳まで繰り下げることができますので、最大で5年×12か月×0.7%=42%もアップさせることができます。

そこまでアップさせることができれば、老後に毎月不足する6万円分は十分に確保することができます。

また、その制度は生きている限りずっと続くため、人生100年安心と言った形になります。

現在の年金制度はマクロ経済スライド方式と呼ばれており、年金の不足分は給付額の調整でカバーします。

このまま人口が減り続け、年金を収める人が減っていき、受給する人が増えていく場合、それに応じて給付額が減っていく方式です。

今後は、その繰り下げ受給という制度以外にも貯蓄していくための国策に上手く乗る必要があります。

年金は一生生活できるだけの金額を保証してくれるわけではなくなっていきます。

孫にお年玉をあげる、旅行に行くなどのプラスアルファの部分は自分自身で貯蓄したお金から拠出することになります。

最大の貯蓄方法はiDeCoです。

この確定拠出年金制度は、税額控除がついており、運用益も非課税であるため、ほぼ確実にプラスになります。

マイナスになっている人も何故か数%いますが、彼らに共通していることは、投資信託を購入してあったのだが、損をしたのでiDeCoを定期預金積立に切り替えた人たちです。

iDeCoで定期預金を選択することもできます。

しかし、定期預金にしてしまうと、利率がほぼ0%であるため、増えません。

運用益が非課税というメリットをまったく享受できなくなります。

また、60歳まで引き出すことができないという流動性リスクだけ抱えてしまいます。

それをするくらいならネット銀行の積立定期預金でも十分です。

自身の老後を作るのは自分自身であるという自覚をもって、iDeCo、積立NISAなどを使った貯蓄に励みましょう。

iDeCoは私自身も始めましたが、ここまで運用益は8%程度で推移しています。

大きく損をする性質のものではないので、少額でも良いのでぜひ検討してほしい。

iDeCoは5000円から始めることができ、以下1000円刻みで上げることができます。

公務員は12000円まで、企業年金アリで20000円、企業年金ナシで23000円まで貯蓄することができます。

楽天銀行 楽天銀行デビットカード
iDeCoセカンドライフ
スポンサーリンク
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券[旧イー・トレード証券]

2018年 オリコン顧客満足度調査
ネット証券第1位
口座開設数はネット証券ダントツの440万口座と、幅広いお客様にご愛顧いただいており、第三者評価機関のランキングや格付けでも高評価を得ています。

楽天証券

FXや投資信託など、豊富なオンライントレードで初心者にも経験者にも選ばれるネット証券の楽天証券。
商品ラインアップと格安手数料が魅力。
国内株式、信用取引、投資信託のほか、外貨建てMMFやFX、海外ETFなどグローバル投資商品も充実。日経平均やNYダウの株価も素早くチェックできます。

GMOクリック証券
現物キャンペーンバナー

1.業界屈指の格安取引コスト
2.「完全無料」使いやすいと評判の高機能取引ツール
3.無料で利用可能な分析ツールや投資情報が充実
4.万一の場合でも安心で大切な資産を管理できます

ウェルスナビ

資産運用の手間を「ゼロ」に
すべてのプロセスを、WealthNaviがあなたに代わって実行します。
資産運用のシミュレーション
初期投資額100万円、毎月3万円を積み立てると、
30年後に元本1,180万円が50%の確率で2,385万円以上になります。

資産運用ならTHEO

THEOは元本保証の商品ではありませんが、長期運用を続けることで、効果的な資産形成を目指すことができます。
例えば、毎月10万円ずつ10年間投資をした場合、元本10万円×12か月×10年=1200万円に対して、1710万円達成できる資産運用が可能です。

shabaをフォローする
スポンサーリンク
初心者訴求(赤)
SHABAのマネー管理術

コメント