セカンドライフ

iDeCo

老後の生活費2000万円不足問題

老後の生活費2000万円不足問題 かなり昔から、不足することが分かっていた2000万円不足問題。 現在の高齢者で無収入の世帯、その生活費の平均額が28万円です。 そして、夫40年正社員、妻が専業主婦のモデルケースで年金が月に2...
セカンドライフ

人生100年時代に2000万円足りない部分をどうするのか

短期志向から長期志向への転換を行う 国が推奨している貯蓄方法は2つあります。 「iDeCo」「積立NISA」この2つです。 この2つに共通しているのが投資期間の長さです。 投資をすることで好成績を収める方法は時間を味方に...
セカンドライフ

65歳までに2000万円~3000万円必要という事実について

65歳までに2000万円~3000万円必要という事実について まずは平均寿命が毎年0.2歳ずつ伸びているという事実に目を向けなければなりません。 10年で平均寿命は2歳延びる計算になります。 今、40歳の人が40年後の80歳に...
スポンサーリンク
セカンドライフ

Fireムーブメントの到来 40代でアーリーリタイヤを目指す

Fireムーブメントの到来 40代でアーリーリタイヤを目指す 通常、リタイヤは60歳以降ととらえられてきました。 しかし、現状は年金制度が維持できず、人々の平均寿命が延びています。 社会保障費はパンク状態で、65歳定年が基本と...
セカンドライフ

減り続ける退職金

減り続ける退職金 2003年と比べると平均でもらえる退職金は600万円減少しました。 2003年には2500万円以上もらえた退職金も現在では1900万円まで落ちています。 また、退職金の格差も広がってきており、大企業で2400...
セカンドライフ

年金をつくる

年金をつくる 年金は自分で作る時代になりました。 日本の年金制度は3階建てです。 老後の生活費をねん出するために、若いうちから年金に興味をもっていくことが大切です。 1階建て部分は公的年金 1階建て部分にあたる年金は公的年...
セカンドライフ

公的年金制度はこのままだと破綻します

公的年金制度はこのままだと破綻します 今の40代の世代が10歳くらいの子どもの頃、日本は高度経済成長期でした。 人口は今と変わらず1億2000万人いるのですが、生産年齢人口が8200万人以上いたため、6,7人で1人の高齢者を支える年...
セカンドライフ

セカンドライフで定期的にお金を引き出しながら運用する

セカンドライフで定期的にお金を引き出しながら運用する 65歳を超え、定年退職したのちは約30年に及ぶセカンドライフが待ち受けています。 老後を楽しく健康に過ごすために、ある程度のお金は欠かせません。 老後の生活を豊かなものにす...
セカンドライフ

人生100年時代が始まります。そのための準備はできていますか?

人生100年時代が始まります。そのための準備はできていますか? 人々の人生は長くなってきました。 2017年の平均寿命は男性81歳、女性87歳になっています。 毎年平均寿命が男女ともに0.18歳ほど伸びています。 10年...
セカンドライフ

投資が必要な理由は銀行の低金利と老後の生活資金確保のためです

投資が必要な理由は銀行の低金利と老後の生活資金確保のためです 今の時代、銀行の金利は0.03%~0.01%です。 100万円を1年間銀行に預けておいても、100円程度しか得られない計算になります。 また、この金利にも税金がかか...
スポンサーリンク