セカンドライフ

セカンドライフ

減り続ける年収と年金

減り続ける年収と年金 日本の平均年収は減り続け、300万ピッタリぐらいまで下がっています。 年収500万円以上の人は全体の28.6%しかいません。 さらに年収700万円以上にすると19%になります。 年収300万円以下の...
セカンドライフ

年々減り続ける厚生年金受給額

年々減り続ける厚生年金受給額 2006年に16万5000円だった年金受給額は、年々減り続け2014年には14万5000円になっています。 調べられる限りを調べてみると、 2006年 16万5211円 2007年 16万1...
セカンドライフ

65歳の定年退職までに投資経験を積む

65歳の定年退職までに投資経験を積む 65歳の定年で退職をした場合、退職金は大卒で2000万円くらいです。 一部上場企業で2300万円くらいが相場です。 勤続年数と年収によって差がありますが、概ねそれに近い金額になると言われて...
スポンサーリンク
セカンドライフ

毎月分配型の投資信託の落とし穴

毎月分配型の投資信託の落とし穴 まとまった資産があると毎月分配型の投資信託に預けたくなるはずです。 特に退職金などまとまったお金が銀行に預けられると、投資信託を勧めに銀行員がやってきます。 この商品がお勧めです。 そのと...
iDeCo

年金を3階建てにしておくこと

年金を3階建てにしておくこと 年金は65歳から受け取ることができますが、老後を夫婦で過ごす場合、国民年金満額78万円×2、厚生年金は夫100万円+妻50万円とすると、年間310万円程度となり、余裕のある老後の生活資金としては若干足りないと...
セカンドライフ

老後の年金を試算してみる

老後の年金を試算してみる 老後の年金を試算することで、今どのくらいお金を貯蓄すべきかが分かってきます。 日本の年金制度は3階建て制度なので1階部分から考えていきます。 1階部分は国民年金、40年間払い忘れがなければ、78万円受...
セカンドライフ

子どもの独立後が資産を貯蓄できる最後のチャンス

子どもの独立後が資産を貯蓄できる最後のチャンス 子どもの独立後が資産を増やすことができる最後のチャンスです。 おそらくそのころには、住宅ローンの支払いが終わっている人もいるでしょう。 そもそも住宅を購入していない場合もあると思...
セカンドライフ

人生の支出で一番大きなものになる老後の生活費

人生の支出で一番大きなものになる老後の生活費 人生で一番大きなお金がかかるものが老後の生活費です。 大きくなってしまった原因はいくつかあります。 人生が長くなった。 年金制度を支える生産人口が減り続けている。 高齢...
セカンドライフ

50代で老後の資産が確保できている人は28%しかいない

50代で老後の資産が確保できている人は28%しかいない 人生は長くなりました。 織田信長は「人生50年」と言っていましたが、今の世の中は人生100年の時代です。 50歳で道半ば、そして老後の資産を確保できている人はわずか28%...
セカンドライフ

ますます難しくなった不動産投資

ますます難しくなった不動産投資 以前の不動産投資は、銀行の金利よりも良く、安定した資産運用が可能でした。 株式のように上がったり下がったりも激しくありませんでしたし、需要もありました。 今は、マンションの家賃収入から返済額と運...
スポンサーリンク